神の乳母〜異形に奪われた妻〜

「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ… 1話ネタバレ

 

神の乳母〜異形に奪われた妻〜 1話

 

ヒロインは主婦の杉山百合恵・29歳。

 

黒髪ロングが似合う美人妻で、夫と子供にも恵まれて幸せな生活。

 

そんなある日、家計を少しでも助けようとバイトをしようとする。

 

バイトは同じマンションの上の階の「神守さん」の家で「ベビーシッター」だった。

 

幸い夫も、同じマンションの人なら安心だなと言うことで許してくれた。

 

これが悲劇の始まりだった・・・

 

約束の日に神守さんの部屋に行った百合恵。

 

中は薄暗く、神盛りさんが出てきたが、全身黒ずくめのなんとも暗い衣装・・・

 

早速、赤ちゃんのところへ案内される。

 

ベビーベッドを見て百合恵は驚愕する!!

 

(・・・・・バケモノ!?)

 

そう、赤ちゃん、いや人間と呼ぶには程遠い醜い物体がうごめいていた・・・

 

まるでこの世のものとは思えない不気味さ。

 

その「赤ん坊」みたいな「異形」は、ベッドから這い出て百合恵にしがみつく!

 

ハンディコミック【神の乳母〜異形に奪われた妻〜】※スマホ専用

 

「よかった。神様に気に入られたみたいだわ・・・」

 

神守さんは、その生物を「神様」と呼んでいる!

 

そして安心したようにしばらく席を外す・・・

 

「神様」は百合恵の服の上からおっぱいを弄り、すいつく。

 

乳首を吸われ出した百合恵は、あまりのおぞましさに震えるが・・・

 

 

→第2話はコチラから


inserted by FC2 system